広島ビルドは「ちょうどいいのが、心地いい」デザイン性と暮らし方を重視した家づくりをする、広島県広島市の工務店です。

建物の外観

お知らせ / 2014年 05月 28日 (水) 22:26

写真

広島ビルドの所在地は、宇品西2丁目にあります。

そのすぐ近くに、左の写真の建物、旧陸軍糧秣支厰

(きゅうりくぐんりょうまつししょう)のかんづめ工場

を改修して建てられて広島郷土資料館があります。

改修はしてあるものの、明治44年に建てられた当時の外壁のレンガが

そのまま使われてる広島市指定の重要有形文化財だそうです。

 

宇品には、こういった戦時中の建物も多く残されており、その多くがレンガ造の建物です。

弊社の事務所の建物は、本物のレンガではないけれど、こういった背景をもった宇品らしい外観にしています。

そして、今どきのデザインではないけれど、古びない、あきの来ない、建物が長持ちするデザインだと思います。

斬新で新しいものも良いけれど、こういう良さもありますよね。

良いものってなんなんでしょうか?

私の思うその答えは、時間が経つにつれて、劣化するのではなく、味が出て、良くなっていくものだと思います。

 

 

1 / 11